事前準備を理解しよう

ワイングラス

社会人になると、学生時代のように合コンなどが少なくなる傾向があります。なぜなら、周りの人が結婚していくと合コンを開く人や参加をする人が少なくなるからです。そこで、社会人の出会いを求める場合には、結婚相談所や婚活パーティーなどに参加すると良いでしょう。それぞれの準備ですが、結婚相談所に関しては事前にお金を用意しておかなければいけません。どれぐらいのお金を用意したらいいかはその結婚相談所の種類によって変わりますが、概ね200万円位は持っておいた方が良いでしょう。なぜなら、入会金以外にも毎月の月謝そして成婚料と言って結婚が決まった時にお金を支払わなければならないからです。これに対して、婚活パーティーの場合にはおよそ数万円もあれば足りるでしょう。1回あたりの参加費用は1万円前後になることも多く何回か通うことができます。それ以外に気をつけておく事は、早めの予約を入れておくことです。人気のあるパーティーはすぐに予約でいっぱいになりますので、常に情報をチェックしておきましょう。

結婚相談所の相場はどれぐらいになるか

赤い糸

社会人の出会いを考える場合、必ずお金がかかりますがその相場を理解しておく必要があります。例えば結婚相談所に参加してみたものの、良い相手に出会えたのに成婚料を払うことができず、途中でドロップアウトしてしまうような例は実際にあります。このようにならないために、それぞれの料金を理解しておく必要があるでしょう。当然ながら、結婚相談所の場合にはどこに申し込むかによって変わってくるところです。そこで、一般的な結婚相談所を例にとってみるとまず入会金に関しては10万円ぐらい用意しておけば足りることが多くなります。入会した後は、毎月の月謝が必要になるところです。毎月の月謝はどれぐらいになるかですが、およそ1万円位になることが多いでしょう。これは、活動している場合でもしていない場合でも支払う月謝が同じになります。そのように考えると可能な限り積極的に活動したほうがお得になります。活動中は、月謝以外にかからないかと言えばそのような事はありません。例えば、結婚相談所の中で行われるお見合いや婚活パーティーなどは、別途お金を支払わなければならないからです。お見合いがおよそ5000円位で、パーティーの参加は8000円位になるでしょう。そして、良い相手と出会いがあり、いよいよ結婚が決まったならば成婚料が必要になります。この成婚料は結婚相談所によって随分と異なりますが、50万円空100万円位の支払いが必要です。

広告募集中